平成23年7月14日(木)、熊野那智大社「那智の火祭り」が斎行されました。

このお祭りは、熊野権現12の御神体が、扇神輿に身をやつし、その昔鎮座していた那智の滝のふもとに御帰りになる祭りです。

「那智の火祭り」は一名「扇祭り」とも呼ばれており、また日本の3大火祭りの1つとして、益々その名をはせています。
有名な大松明は12本あり、それぞれの大松明が12の御神体を迎え、滝のふもとへと先導いたします。

熊野が世界遺産に登録されて早やくも5年が経ち、当日はご参拝者の方や見学する方々で大変な賑わいでした。

当宮は全国熊野会のご縁をいただき、神職2名が参列させていただきました。

 
 
熊野古道 熊野那智大社
点火された大松明は、順次神々を迎えに出立します 大松明に先導されながら一歩一歩と石段を下る扇神輿
飛瀧神社(大瀧前)にて祭典 扇に身をやつされた神々と那智の大瀧

 

 


Copyright (C) 2011 Yuga jinja hongu. All Rights Reserved